高級デリヘル店で働いてみよう

女性のレベルが高い高級デリヘルで働いてみませんか?体験入店を利用して立ち振る舞いやサービス等を身に付けよう! - 高級デリヘル店の特徴と、面接に合格するポイント

高級デリヘル店の特徴と、面接に合格するポイント

デリヘルの中にも、高級店と言われるお店があります。女性のレベルや価格設定などが、大衆向けのお店より高めに設定されている、高級デリヘルです。当然、お客さまも富裕層の方が多いことが予想できますが、同様に、求められる女性のレベルも高いものになってきます。

高級デリヘル店って何が違うの?

一番大きな違いは料金設定です。大衆向けのお店では、90分コースをもろもろの費用込みで1万数千円〜2万円ほどで遊ぶことができますが、高級店では下手すると10万円近くがかかります。コースの基本料金も違いますが、利用するホテルの格も違ってくるためです。
そしてデリヘル嬢には、その金額設定に見合うような容姿や接客態度、テクニックが求められます。容姿やスタイルが優れていることも必要ですが、ほかにもマナーや一般教養をしっかり身に付けていること、自然な会話や演出で感じのよい接客ができることなど、性的なサービス以外の面でも優れていることが必要になります。

お客さまはどういう人が多いの?

ボーナスが入ったときだけ高級店を利用する、という普通の会社員の方もいらっしゃいますが、圧倒的に富裕層の方々が多いでしょう。というのも、高級店では利用するホテルのレベルも一定以上が求められます。そういった場所へ出入りしても恥ずかしくない程度の服装や持ち物を整えるためにも、別にお金がかかってくるからです。
つまり大企業の役員や医師、弁護士、芸能人やプロアスリートなどの有名人の中でも、デリヘルに10万円近い金額をポンと払えるような方々、ということになります。お仕事が忙しいため、時間をかけて女性との駆け引きを楽しむというよりも、手軽に親密な時間をすごしたいという方が多いようです。

普通の面接とは何が違うの?

tjyilulif
高級デリヘル店では、総合的なレベルの高い女性を求めているので、面接は大変厳しいと言えます。一般企業の就職活動と同じように、二次、三次と面接を重ねたり、それなりの学歴や職歴を求められることもあります。接客マナーも重要になってくるので、高級クラブなどで働いた経験があるかどうかも、審査の対象になってくるようです。
そのため、容姿やスタイルに自信があるというだけでは合格は難しいかもしれません。ライバルの中には、有名大学に在籍していたり、キャビン・アテンダントやモデル、レース・クイーンなどの華やかな職業に就いている方もいます。少なくとも、敬語の使い方や立ち居振る舞いなど、面接用の勉強はしておいたほうがよいでしょう。

体験入店は他のお店とどう違うの?

体験入店とは、お店の雰囲気や仕事の内容をつかむために、お試しで働いてみることができる制度です。一般企業で言うところの試用期間や研修制度のようなものですが、体験入店中も、本入店後と同じようにお給料が出ることが魅力です。
多くのデリヘル店では体験入店を歓迎していますが、高級店の場合はやや様子が違うかもしれません。講習が丁寧であること、病院での検査が必要であることなどから即日体験入店ができなかったり、体験入店だけで去られてしまうことを警戒し、体験入店自体を敬遠しているお店もあるようです。
高級店では、大衆向けのお店と違って、デリヘル嬢に求められているレベルも高いです。容姿やスタイルだけでなく。教養や立ち居振る舞いも含め、全体的に高スペックでなければ合格は難しいかもしれません。面接を申し込む前に、入念に自分磨きをしておきましょう。